小林 千夏|Kobayashi Chinatsu

小林 千夏
Kobayashi Chinatsu

「本当の意味での結婚式」とは何かを教えてくれた。

私に「本当の意味での結婚式」とは何かを教えてくれた結婚式があります。
新郎新婦様は年齢が若いおふたりで、はじめてお会いした時に結婚式に参列された経験がなくイメージが湧いていない状態でした。 そんな中での打合せで、おふたりは私が行う提案を「それで大丈夫です!」とほとんど「はい」で答えてくださいました。これでは、おふたりの結婚式ではなくなってしまう…と思い、もう一度改めて「おふたりにとってどんな結婚式にしたいか?」「誰に何を伝えたいのか?」をお聞きしました。 すると、おふたりとも「親御様に感謝の気持ちを伝えたい。」ということが分かったのです。 新郎様は、小さい頃からヤンチャをして何度も迷惑をかけていたり、新婦様は、お母様が女手一つで今まで育ててくれたそうです。おふたりの人生と向き合ってみてはじめて、本当のおふたりを知ることができました。そして、この感謝の気持ちをどう伝えていくかを3人で考えていきました。
その結果、おふたりでそれぞれ親御様に手紙を読んだうえで、その後に『子育て卒業式』を行うことにしました。生まれた頃のお写真と現在のお写真、そして生まれてから結婚式までの親御様に育てていただいた日数が刻まれた卒業証書は、本当に素敵な贈り物でした。それをいただいた親御様は、本当に嬉しそうに、そしてちょっぴり寂しそうで、でも心から幸せそうでした。この結婚式を機に、一組一組のおふたりと向き合い、人生を共有し「本当の意味での結婚式」を一緒につくっていきたいと思いました。

とことん向き合っていくことをお約束いたします。

プランナーとして毎回おふたりやゲストの方々から幸せを分けてもらえて楽しく感じますが、それと同時に責任をとても感じる仕事だなと感じます。 来店される新郎新婦様で、最初からこういったことをしたいと決まっている方もいらっしゃいますが、大半の方が自分たちはどんな結婚式がしたいのかが分からない方が多いです。そのような中、おふたりがどんな人生を歩んできたのか、当日来られるゲスト様方はどんな方で、おふたりとはどんな関わりがあったのかまで知り、どんなことを伝えていきたいのか…そのようなことを互いに知っていき、これから大切にしていきたいことを一緒に考えていきます。
「本当の意味での結婚式」をどのような1日にできるかは、プランナーがおふたりとどう向き合ったかによって変わってきます。そのため、一組一組のお客様とととことん向き合い、いつでも立ち返ることのできる“原点”のような場所になるようにしたいと思っています。
おふたりの大切なゲスト様方に、今までの「ありがとう」や「ごめんね」を素直に伝えたり…。これから人生を共にするパートナーと、これからの「決意」を真剣に伝えたり…。結婚式とは、本当に心からスキだと思える人たちの前で、人生の「過去」を振り返り、 そして「未来」に向けて決意を伝える場だと考えています。 それが、「本当の意味での結婚式」だと思っております。「本当の意味での結婚式」をつくるためにも、私はプランナーと新郎新婦様ではなく、 「小林千夏」と「おふたり」として、とことん向き合っていくことをお約束いたします!

> サロンへのアクセスを見る